Voice 先輩社員の声

メンテナンス部
2010年入社
杉谷 春季

毎日の現場が成長の場。それを実感しています。

私は専門学校で電気産業の施工管理業務に興味を持ち、昭和電業に入社しました。現在は主に原子力発電所のメンテナンス業務に就き、日々、安全作業を遂行しています。
入社して良かったのは、自分自身の成長を感じられたこと。さまざまな仕事をする中で、出会ったお客様や協力会社の方々と共にプロジェクトに取り組み、無事故無災害で工事を完遂させた時には、大きなやりがいを実感しました。

ブラザー兄が、親身になって教えてくれた。

私はブラザー兄とうまくコミュニケーションがとれるか心配でしたが、現場での作業や工事の流れをわかりやすく教えてくれました。自分がブラザー兄になった時、「どうしたらわかりやすいか?」を追求していくうちに自分の勉強不足を実感し、現在も勉強の日々です。改めてブラザー制度とは、お互いに成長する場だと思いました。今後はもっと経験と知識を積み、社員の育成や工事管理で活躍していきたいです。

業務管理部
國久 里佳

工事部
奥野 達也

工事部
2012年入社
奥野 達也

上司や先輩がしっかり指導してくれ、頼もしかった。

私は大学で電気工学を学び、電気工事の保守や監督作業をしている昭和電業に興味を持ち入社しました。現在は火力発電所のメンテナンス業務に従事しています。
昭和電業の良いところは、上司や先輩がしっかり指導してくれることですね。思い込みで作業してしまい失敗しかけたことがありましたが先輩が助けてくれたお陰で事無きを得ました。違和感があればすぐに立ち止まって上司や監督者に確認することが大事だなと、日々痛感しています。

ブラザー弟に教えることが、自分の勉強になっている。

ブラザー兄が親切に接してくれたので上手くコミュニケーションがとれ、いい一年間を過ごすことができました。自分がブラザー兄の立場になってからは、ブラザー弟からの質問で自分が知識不足だと感じることも多々あり、教えることで自分の勉強にもなっています。自分を一年間指導してくれたブラザー兄のように、今後は若手社員に信頼され、頼りにされる先輩になっていきたいです。

メンテナンス部
杉谷 春季

工事部
井元 翼

工事部
2017年入社
井元 翼

わからないことをその場でブラザー兄に訊けて助かりました。

就職活動中の説明会で初めて昭和電業を知ったのですが、社員の人たちの話が面白く、入社を決めました。入社2年目ですが、目の前の作業だけでなくスケジュール調整や見積りなどの書類業務も勉強し、一人で対応できるレベルになれるよう日々精進中です。入社直後は言われたことをこなすだけで精一杯でしたが、同じ現場をブラザー兄と回ることで、わからないことをすぐに訊くことができブラザー兄も熱心に教えてくれたことはとてもありがたかったですね。

知識や資格より、大事なのは「やる気」です。

当社では定期的に社内レクリエーションがあり、ボーリングやソフトボール、バーベキューなどがにぎやかに行われています。
そんな行事の時に年代や所属部署に関係なくコミュニケーションをとることができるので、仕事上でも大きなプラスになっています。
就職がゴールではなく、入社してからも学ぶことだらけ。仕事ができる・できないは知識や資格だけではなく「やる気」です。皆さんと一緒に仕事ができる日を、楽しみにしています!

工事部
奥野 達也

建設部
白石 巧大

建設部
2015年入社
白石 巧大

難しい条件の中、無事故で完遂した現場は忘れられません。

高校で学んだ電気の知識を活かせる職に就きたいと思っていたところ、設計から調達、施工、保守まで一貫して行っている昭和電業を知り、いろいろな分野での業務を経験できると思い入社しました。今は発電所の新設・増設など電気工事の施工管理をしています。思い出深いのは、工事責任者として仕事を任された火力発電所の建設工事。現地の施工条件が悪い中、多くの方の協力のもと無事故で完工。お客様からも高い評価をいただき、とてもうれしかったです。

「ぜひまた一緒に」の言葉で、疲れが吹っ飛ぶ。

当社では入社するとブラザー兄がマンツーマンで指導をしてくれ、上司に話しづらいことでも気軽に相談に乗ってもらえるのがいいところだと思います。また、慰安旅行やソフトボール大会など社内行事が充実しているので、仕事以外でリフレッシュできる環境があります。
お客様から「ぜひまた一緒に仕事がしたい」と言われたり、社内で「よく頑張ってくれた」との言葉をかけてもらった時は、疲れが吹き飛ぶほど大きなやりがいを感じます。

工事部
井元 翼

業務管理部
國久 里佳

業務管理部
2011年入社
國久 里佳

自分の得意分野で、女性も働きやすい会社です。

私は営業所で注文書や見積書、請求書の処理などの事務全般を手がけています。昭和電業が任されるプロジェクトはスケールが大きく、複数の協力会社が関わり、扱う金額も大きいため、ミスをしないよう責任を感じながら毎日の仕事に取り組んでいます。自分の得意なPC業務で時間配分を自分で決めて作業ができますし、当社は休暇制度など福利厚生もきちんとしているので、結婚後も長く続けていきたいと思っています。

事務の面から、現場をしっかりフォロー。

以前、注文書の発行が遅れてしまったことがあり、すぐに対応はしましたが、それ以来、確認作業を怠らないように心がけています。地味かもしれませんが、ファイリングでは番号の取り方を本社と合わせるなど、ちょっとした工夫もしているんですよ。
事務の面から社員のみなさんの現場の仕事がスムーズにいくようフォローできた時は、ホッとしますね。今後は業務に活かせるような資格取得を目指して、頑張っていきたいです。

建設部
白石 巧大

メンテナンス部
杉谷 春季