事業内容

  1. HOME
  2. 事業内容

事業内容

昭和電業は、電気工事及び計装工事に関する幅広い事業領域と垂直統合した技術領域に於いてエンジニアリング&コンストラクション事業とメンテナンス・サービス事業を行っています。

事業領域

 昭和電業は、創業以来50年以上に渡って火力発電所の建設工事で養われた高度な技術を各種プラントシステムや社会システム及び産業システムの領域でサービスを提供しています。

プラントシステム

 事業用火力発電設備や原子力発電設備、受変電設備を含む発電プラント及び石油化学プラントや都市ガスプラント等エネルギーに関する各種プラントシステムの領域です。

社会システム

 市民生活に係わる公共性の高い上下水道設備、ETC等の新交通システム、セキュリティーに関する防災システム等の社会インフラに関する領域です。

産業システム

 省エネルギー、IT技術を導入した化学・製紙・食品関連の電気システムに関する領域です。

技術領域

 昭和電業は、TECという明確なコンセプトのもと、多彩で卓越した技術により総合的な電気ソリューションを実施しています。また、PM(Project Management)手法を用いてプロジェクトをプロセス毎に科学的に遂行し、全体最適を求めながらEPC&TM技術においてさまざまなニーズにお応えします。

TEC:Total Electrical Constractors
 あらゆる電気システムの事業領域において、設計、調達、施工、試験調整、保守管理のトータルな<EPC&TM技術>を持った企業をTECと呼びます。

PM:Project Management
 PM手法とは、科学的アプローチによる全体最適手法です。

EPC技術
E (Engineering)
開発設計
 お客様のニーズにフレキシブルに対応し、企画、設計はもちろんのこと、エンジニアリング・コンサルティングサービスを提供します。
P (Procurement)
調達
 システム構築に対し、信頼性の高い高低圧盤、制御盤、各種電気機器を設計・製作します。
C (Construction)
施工
 豊富な経験と蓄積された技術をベースとして品質管理、安全管理はもとより、工程管理、コスト管理等トータルな施工管理を行います。
TM技術
T (Testing)
試験・調整
 工事終了後に綿密な試験調整を行い、システムに確固たる信頼性を付加した後、お引渡しします。
M (Maintenance)
保守管理
  豊富な経験と確かな技術により、プラントシステムがすぐれた性能を発揮するため総合的なメンテナンスサービスを提供します。